当たり前と限られたこと

2015年9月20日 当たり前と限られたこと はコメントを受け付けていません。

現在、住んでいるのは高級住宅街と言われているところ。
とはいっても、持ち家ではなく、当然賃貸マンション。

テレビで平均所得やボーナスの平均額を見るたびに、そんなにもらえていいね、と思ってしまう私には、おそらく身分不相応な街だ。

周りの家も、狭く駐車場をとっている家なんてほとんどない。
大体ガレージに外車が何台も格納されている。

こんな風に、家を持つのは当たり前で、誰しもができることだと子供の頃は思っていた。
このままじゃ、そんなこと不可能だと気づいたのは、つい最近のことだ。

上がらない給料や、良くなると思えない職場環境。今はどうにか暮らしていけるけど、今後良くなっていくとはまるで思えない。

頑張っても手が届かないのは、サッカー選手とかアイドルとか、才能が必要なものだけだと思ってた。
だけど、たくさんの人が手にしている家さえも、私には頑張っても手は届かないものなのだ。

Comments are closed.